CSS3とIE9

こんにちわ!デザイナーの久保です。 今日はCSS3のお話をしたいと思います。

CSS3とは、現在ウェブで主流に使用されているCSS2.1の次世代規格です。SafariやFirefox、Google Chrome、Operaといったブラウザで一部対応されるようになり、最近特に注目されています。
先日、「画像を一切使わずにCSS3だけでドラえもんを描いてみた!」という記事が話題になりましたが、従来のCSSとの大きな違いに画像を使用しなくても、丸やグラデーションといった表現ができるようになったことが挙げられます。

さて、先日の記事で百田が書いてあるように、Windowsに標準で入っているブラウザであるInternet Explorerですが、現行の最新バージョンの8ですら、CSS3は対応していません。

ところで、下のボックスはどのように見えますか?

このボックスです!
ここです!

下記のように見えましたか?

これはCSS3を使って角丸を表現しています。しかし、Internet Explorerから閲覧すると角が四角になっていると思います。

CSS3を使用しているサイトをIEと他のブラウザで見比べてみました。サンプルは今人気のTwitterです!


Ineternet Explorer


Firefox

各ブロックや検索ウィンドウの角が丸くなっていますね。サイトを閲覧する上では大きく影響しないところから導入しているようです。

さて、このCSS3、現行のInternet Explorerでは未対応ですが、次期バージョンである9で対応されるようです。IE9はCSS3だけではなく、HTML5にも対応され、JavaScriptの読み込みも早くなるとのことですので、注目のブラウザですね!
ちなみにIE9はベータ版が9月15日に公開予定とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × five =