JINS MEME

エクストメガネ部の久保です。11月5日、メガネのJINSからJINS MEMEが発売されたということで購入しました。

JINS MEMEとは

メガネ型のウェアラブルデバイスで一見普通のメガネですが、顔の角度や傾きを検知できるセンサーがついているため運動量や姿勢などの計測ができ、スマホアプリと連動できます。

メガネのタイプは、スポーツサングラスとウエリントンの2種類。私は普段使いしたかったのでウエリントンタイプにしました。両方ともに加速度センサー、ジャイロセンサーがついているほか、ウエリントンタイプでは3点式眼電位センサーもついていて視線移動やまばたきの検知などもできるようになっています。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

JINS MEME – https://jins-meme.com/ja/

 

着用感

実際に着用してみると、ちょっと大きいのかつるがはみ出しそうです。私は髪で隠れるので良いのですが、短髪の方は試着して確認したほうが良いかもしれません。

なお実際にかけている感じは普通の眼鏡とほとんど変わりません。センサーが鼻あてのところについていてズレると計測が取れないと聞いていましたが、今のところ特に意識せず普通に使っていてもアプリと連携できています。

 

アプリ

2015年11月現在、アプリは3つリリースされています。

それぞれライフログアプリ「JINS MEME」、ランニングフォームをチェックし改善に役立てることのできる「JINS RUN」、眠気の可能性を察知し安全運転のサポートを行ってくれる「JINS DRIVE」で、いずれもiPhone版のみですが、Android版も2016年1月にリリース予定となっています。

jinsmeme_app01 jinsmeme_app02

 

上の画像はライフログアプリ「JINS MEME」です。この1週間の私の最近のマインド年齢とボディ年齢が計測されていますが……、少し精度が悪い気がしますね!ぷんぷん!

冗談はさておき、実際に集中して画面を見ている時などは「集中」が、人と話をしている最中や移動中は「活力」が上がったりしてちゃんと変化します。昼過ぎごろに「ZONE状態」に入っていたり、帰宅中は「お疲れさまでした」と労われたりとその時々に合ったメッセージが表示されて、なかなか面白いです。

ちなみにマインド年齢もボディ年齢も空白の日は充電を忘れた日です。何せJINS MEMEの連続使用時間は最大24時間なので、寝ている間に充電しないと翌日はただのメガネです。

この他にも今後、JINSではコアトレーニングアプリなど様々なスポーツ向けのアプリと連携する予定だそうです。

JINSから公開されているアプリについて詳しくはこちら

 

開発用キット

JINS-MEME-SDK

JINS MEMEの面白いところは、ただのヘルスケアデバイスに留まらない可能性を秘めていることです。

開発用のSDKが配布されているのです。これにより計測データを使ったアプリ開発が可能とのことで、既に実際に開発されている方もいらっしゃるようです。

JINSMEME – SwiftでJINS MEMEアプリ開発 by @nisshieeorg on @Qiita http://qiita.com/nisshiee/items/9ec409a35f4137e2a32e

夢が広がりますね。

 

また2015年7月にはハッカソンが行われ、JINS MEMEを使ったアプリのアイデアを募り実際にアプリ開発がされていました。

参考記事:センサー搭載メガネJINS MEMEハッカソン開催 視線の先に未来は見えたか? – 週刊アスキー http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/359/359932/

ハッカソンではスポーツのみではなく、ゲーム要素のある歩数系アプリやウェアラブル体感ゲームや、顔の傾きと連動して音楽を鳴らす楽器アプリなど様々なアイデアが出ていて面白そうです。

 

まばたきの回数で集中度を計測し、ユーザーがどういった広告に興味をもつのかマーケティングに活用したり相手への関心度で相性診断をしたりと、ビジネスからエンターテイメントまで幅広い可能性があると思うので、今後の展開に期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − nine =