WordPress3.5対応!カスタムフィールドの出力方法まとめ

WordPress3.5からカスタムフィールドの取得&がかなり短縮できるようです。
具体的にはこんな感じで。

■以前のコード

<?php if ( get_post_meta($post->ID,'メタキー',true ) ) { ?> 

■WordPress3.5以降のコード

<?php echo $post->メタキー; ?> 

ノンプログラマ&頭の弱い私は短いコードにこしたことないので
普段よく使うパターンをまとめておきます。

通常のテキスト出力

<?php echo $post->メタキー; ?> 

改行(br)対応のテキスト出力

<?php echo nl2br($post->メタキー); ?> 

数字を3桁でカンマ区切りで出力

<?php echo number_format($post->メタキー); ?>

画像出力

<?php $image = wp_get_attachment_image_src( $post->メタキー,'large' ); ?><img src="<?php echo $image[0]; ?>">  

条件分岐

<?php if ( $post->メタキー ) { ?> 
 メタキーがあった場合に出力する内容 
<?php } ?> 

画像出力あたりははもっと短くならないかな~と思いますが
今までに比べればスッキリしたコードになりました。

参考サイト

WordPressのカスタムフィールドがかなり便利になっている件(3.5対応)
http://notnil-creative.com/blog/archives/1476       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =