スマホ・デビュー2

iPhone ごときに右往左往、東奔西走、七転八倒している高田です。
否、何を言わせるのですかっ!

さて、前回に引き続き相方のスマホデビューの顛末です。

その後は、 a さんのサポートサイトの情報と睨めっこしながら、何度も手順を確認しながら設定作業を進めました。

まずは、固有の ID (「auone ID」と言います。) を取得し、携帯に入っているアドレス帳を a さんが提供する特別なクラウドサービス「auアドレス帳」にデータを移します。
(“a さん”ってイニシャらなくてもバレてますが、ここまで来たら一応このままで。)

そして、携帯で撮影した写真データとかは、後でパソコン経由で移せるように SD カードに移しておきます。

その後、本体でメールの設定などを行うところまでは何とかスマートにできたので余裕をかましていたら、次がイケなかった!

Apple ID」という未知の敵が居たのです。

僕が普段から Mac を使っていたり、iTunes で楽曲のダウンロードなどを行っていたら怖がることなんて無いのに、まったくの青二才です。

相方がアプリに目覚めない限りは当面のあいだ無縁のつもりでしたが、どうやら「auアドレス帳」からデータを本体に移行する際に、移行専用のアプリを使用することになっていたようです。

このことを理解するのに、数日要しました(汗)

そして、「Apple ID」を新規取得するために、iTunes の最新版を自宅のパソコンにインストールしたのですが、どうやら iPhone 単体で片が付くということを理解するのにまた 1日(汗×2)

そして、いざ ID の取得を行うためにウィザードに従って入力を進めていたらカード情報が要るではないか!
流石に、相方のそれは知らないので(これ、ホンマです)、入力をしてもらってから最後まで進めたのですが…

みなさんはご存知かと思いますが、最後に「承認」の通知メールが届きます。

未知の敵と戦っていることでアタマが熱くなっているのか、こうなることとは全く予測がつかず、登録アドレスを相方の携帯アドレスに設定したために「負け戦」を買ってしまったのです。
(さらに、つづく?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + thirteen =