スマホ・デビュー

昨年(2011年)は何とか発症しなかった花粉症を抱えて「今年はどうかな?」と少々憂鬱気味の高田です。
ウソです。
今では、開き直ってます。「来るなら来い!」と…。(えっ?ただの強がりですって!?)

さて、少々訳ありでウチの相方が iPhone に機種変更しました。
長年使用していた、「ガラケー」と僕らの業界では称している日本独自の技術の粋を集めた携帯電話端末を手放し、スマートフォンの代表格に乗り換えたのです!

高田家では a から始まるキャリア(携帯電話会社)さんを長年(僕は 140か月目)使用しているのですが、 iPhone が登場する話が挙がった頃からず~っと気になってました。
しかし、僕はすでに昨年の夏ごろに INFOBAR A01 に変えたばかりでしたので、当然お家事情が許す訳もなく、半ば悶々と過ごしていたのです(笑)

でも、相方の端末はとっくに割賦も終わり、すでにボロボロな状態でした。

そんな折、降って湧いたような感じで買い替えのチャンスが来たのです。
相方はたいそう喜びました。

「これでワタシもスマホ・デビュー!」


さぁ、やってきました。 iPhone が。
我が家に、夢のようなスマートな暮らしが訪れます(…そのはずです)。

息子たちはどんなオモチャが届いたのか、と興味津々でした(真っ先に箱に手を伸ばしたのは次男です…笑)。

相方は「使えるようになるまで設定は任せた!」と僕に下駄を預けました。

僕は、一応この業界に居る者として間違いは許されないという変なポジションとプライドが故に、文字通り「スマート」に相方へバトンを渡さねばならなくなったのです。
(つづく?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + fifteen =