環境が変わると…

高田です。

今回はシンプルなスタートです。

ところで、

私事なのですが、最近引っ越しをしました。

とはいえ、同じ区内で西から東へ1~2km ほど移動しただけなのですが、6年前の新婚当初から住み慣れた部屋を離れ、新しい環境での生活が今月アタマから始まりました。

傍を通る南海電車の走行音がちょっと気になるのですが、何せ日本の鉄道は時刻どおりに通ってくれるものですから、目覚まし代わりになったり、「今は特急が通過したからそろそろ家を出る時間だ」と何かと頼りにしていたりします。
ひょっとすると部屋の中の時計よりも正確かもしれません。

それより何より、両隣はもちろん、上下の階 (あ、ちなみにマンションです…) を含めたご近所さんがとてもええ方ばかりで、相方とともに「越してきてヨカッタ」と新しい暮らしの不安も和らいだのは大きかったです。
特に、管理人さんがこれまた紳士的な方で、部屋の引き渡し前から引っ越し後までの間、いろいろと相談に乗っていただき、明るい気持ちで入居することができました。

決して前の部屋(と、その建物と人)が悪かった訳ではないのですが、こうして環境が変わると自ずと気分も前向きになりますし、家の中にええ風が吹いてくるような感覚で過ごすことが出来るようになりました。

実は、幼稚園時代から数えると僕は10回ほど引っ越しを経験しているのですが、その度に転校や編入学、はたまた“実家に引き揚げ”というような精神的に少し辛い思いばかりが残りました。

しかし、今回は違います。

これだけ前向きな環境の変化が訪れたのですから、その機会を台無しにしてはイケませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − nine =