WordPressのカスタム投稿タイプ条件分岐まとめ

WordPressのカスタム投稿タイプでよく使用している条件分岐方法をまとめていきます。
随時、更新していきます。

■投稿タイプで条件分岐(アーカイブページの時)

<?php if (( get_post_type() == '')): ?>

<?php endif; ?>

■タクソノミーで条件分岐(アーカイブページの時)

タクソノミーで条件分岐

<?php if(is_tax()): ?>

<?php endif; ?>

タクソノミーのタームで条件分岐

<?php if(is_tax('fruit_cat', 'apple')): ?>

<?php endif; ?>

タクソノミーのタームで条件分岐(タームが複数ある時)

<?php if(is_tax('fruit_cat', array('apple','orange'))): ?>

<?php endif; ?>

■タクソノミーで条件分岐(シングルページの時)

タクソノミーのタームで条件分岐

<?php if (is_object_in_term($post->ID, 'fruit_cat','orange')): ?>

<?php endif; ?>

タクソノミーのタームで条件分岐(タームが複数ある時)

<?php if (is_object_in_term($post->ID, 'fruit_cat',array('apple','orange'))): ?>

<?php endif; ?>

       

WordPress3.5対応!カスタムフィールドの出力方法まとめ

WordPress3.5からカスタムフィールドの取得&がかなり短縮できるようです。
具体的にはこんな感じで。

■以前のコード

<?php if ( get_post_meta($post->ID,'メタキー',true ) ) { ?> 

■WordPress3.5以降のコード

<?php echo $post->メタキー; ?> 

ノンプログラマ&頭の弱い私は短いコードにこしたことないので
普段よく使うパターンをまとめておきます。

通常のテキスト出力

<?php echo $post->メタキー; ?> 

改行(br)対応のテキスト出力

<?php echo nl2br($post->メタキー); ?> 

数字を3桁でカンマ区切りで出力

<?php echo number_format($post->メタキー); ?>

画像出力

<?php $image = wp_get_attachment_image_src( $post->メタキー,'large' ); ?><img src="<?php echo $image[0]; ?>">  

条件分岐

<?php if ( $post->メタキー ) { ?> 
 メタキーがあった場合に出力する内容 
<?php } ?> 

画像出力あたりははもっと短くならないかな~と思いますが
今までに比べればスッキリしたコードになりました。

参考サイト

WordPressのカスタムフィールドがかなり便利になっている件(3.5対応)
http://notnil-creative.com/blog/archives/1476