EXTIMES第5号発行しました!

2011年6月10日、ウェブに役立つニュースレター「EXTIMES」第5号を発行しました!
「EXTIMES」は、隔月発行でエクストがお送りするウェブ役立つニュースレターです。ウェブトレンドや、SEO、セキュリティ情報など、情報盛りだくさんでお届けしてまいります。

今回はソーシャルメディアにスポットを当て、特集はFacebookでお送りしています。
今号のスタッフコラムの担当は高田です。ソーシャルメディアの付き合い方について書いています。

EXTIMESの内容はfacebookページにてアップしております。ぜひともご覧くださいませ。

→facebookページへ

EXTIMES第五号EXTIMES第五号【今号のメニュー】
特集-WEB TREND
「Facebook特集」
社長コラム
「劇的な瞬間」
SEOコラム
「ソーシャルメディアとSEO」
セキュリティ情報
「ソーシャルメディアスパム」
スタッフコラム(担当:高田)
ソーシャルメディアの付き合い方

絶対にピンボケにならない写真?次世代カメラは撮った後でピントを変えられる!

エクスト写真部部長はほうしょうですが、特にカメラが好き!という人じゃなくても「上手な写真が撮りたい」と思うことがあるでしょう。デジタルカメラが主流になりその場で確認できるとは言え、小さな画面では綺麗に見えても引き伸ばすと、せっかくの写真がぼけてしまっている…なんてこともあります。

そんな悲しいピンボケマスターの皆さまに朗報です!面白いカメラ技術が紹介されていました。
まずは、下記の写真の好きなところをクリックしてください。特にぼやけているところを触るとわかりやすいです。

おわかりいただけたでしょうか。
なんと、この技術は写真のどこにでもピントを合わせることが可能なのです。これは、「Lytro」が開発している「Light Field Camera」というカメラで撮られた写真です。「Light Field Camera」は、通常のカメラのレンズの他に無数のセンサーを搭載し、様々な光の情報を記録して一つの写真に合成しているようです。
今後、この「Light Field Camera」は一般消費者向けに製品化されるようなので、今後のデジタルカメラに期待ですね!

参考:Lytro – http://www.lytro.com/
   TechWave.jp – http://techwave.jp/archives/51675922.html

意外と知られていないこと

暫くの間、風邪でぶっ倒れていた高田です。
お客様や社内のメンバーに迷惑が掛かってしまいますので、疲れとストレスは残さないようにしましょうね(自戒を込めて)。

さて、今回は「意外と知られていないこと」のシリーズ(?)第一弾です。


最近、エクストのお客様からのお問い合わせで多いのが

メールが送信できなくなった。受信できるがどうすればよいか?」

というものです。

(さらに…)

大喜利でうまいこと言いたいんや!

今週末は『IPPONグランプリ(大喜利番組)』が放送されますね。
大喜利好きの私は、先週から楽しみで落ち着きません。

大喜利と言えば落語家やお笑い芸人が答えるものですが、
インターネットやスマートフォンを活用すれば一般の方も気軽に参加する事が出来ます。

今回はそんな大喜利コンテンツを紹介します。

ケータイ大喜利

参加型の大喜利といえば『ケータイ大喜利』が一番有名ですね。
生放送中に出題される大喜利のお題に「答え」を携帯で投稿して参加します。
最近、スマートフォン対応になったのでますます便利になりました。
何度か参加してますが採用される気配すらありません。。。

ケータイ大喜利オフィシャルサイト

ついったー大喜利

twitterを活用した、大喜利サービスです。
一日一つのお題がつぶやかれますので、お題に対してRTすることで参加できます。

お題と同時に回答例も投稿されるので、
大喜利は難しいという方でも気軽に参加できるサービスですね。

ちなみに今日のお題は、

お題:「経済学者がキャバクラで言いそうな事を教えて下さい。」
回答例:「俺の股間をディスクロージャー」

だそうですshine.gif

ついったー大喜利

大喜利は頭の体操にもなりますし
クリエイティブな発想が必要な方にはもってこいじゃないでしょうか。

みなさんも大喜利サービスでボケまくりましょう!

Facebookソーシャルプラグインが日本語にならない!?


ブログにfacebookソーシャルプラグインを入れたのに、表記が英語のままでわかりづらい・・・gawk.gif
特に英語に設定したわけじゃないのに、なんで~DIMG0092.gif っという落とし穴にハマった、デザイナーのほうしょうです。

上記の不思議な現象は、XFBML形式のコードを貼り付けたときに起こるようです。

ではでは早速、日本語にする方法をご紹介します。

  1. Facebookソーシャルプラグインページから自分のサイト用に記入し、
    以下のようなコード(例です)が書き出され、表示したい場所に貼り付けます! 

    <div id=”fb-root”></div>
    <script src=”http://connect.facebook.net/en_US/all.js#xfbml=1″></script>
    <fb:like-box href=”http://www.facebook.com/platform” width=”292″ show_faces=”true” border_color=”” stream=”true” header=”true”></fb:like-box>

  2. で、上記の /en_US/ を /ja_JP/ に書き換えます!
  3. 以上o0020002010329133136.gif

簡単でびっくりです。
ちなみに、ページ内の全てのFacebookソーシャルプラグインを /ja_JP/ 形式にしないと適用されないようですのでご注意くださいませ。