Gitでのブランチ管理はどうすればいいのか?

エクストでは、システム案件の管理をGitというバージョン管理システムで管理しています。

昔から様々なバージョン管理システムがあり、エクストもCVS → SubVersion → Gitと渡り歩いてきました。

今までは一人で開発しておりブランチを切るほど複雑な開発をしてこなかったのですが、SONR.の開発では様々な機能追加やテスト実装などが頻繁に行われてきており、masterだけでは管理できなくなったのでしっかりした運用を行うようになりました。

ですが、今までブランチを切って管理する事がなかったため命名規則やどのタイミングでブランチを切ったりすれば良いのかがわからなかったため、自分が勉強した内容をまとめる意味も含め書きたいと思います。

(さらに…)

プログラミングの勉強をするならProgateを使ってみよう

自分でホームページを作りたい、プログラミングをやってみたいと思ってもどうやったらいいのかわからない・・・
なんとなくやっていた事をもっと深く知りたい!という人におすすめなプログラミングを勉強できるサイト「Progate」を紹介します。

Progateに登録する

Progateを利用するには、登録を行わないといけません。

登録はProgateに直接登録する方法と、「Facebook」「Twitter」のアカウントを使用して登録するパターンがあります。

なんの勉強をするか?

登録が完了すると、どのプログラミングを勉強するのか選択する画面が表示されます。

今回は「jQuery」を選択して試してみたいと思います。

レッスン一覧   プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate  プロゲート

レッスンを始める

右側にある「レッスンを始める」ボタンをクリックするとスライドが表示されます。これがテキスト代わりになるのでよく読んで進めて行きましょう。

スライドの切替は右下の矢印ボタンをクリックするか、キーボードの左右の矢印ボタンで前のページ、次のページへ移動することができます。

これはとても便利ですね!

jQuery 基礎編   プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate  プロゲート

jQuery 基礎編   プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate  プロゲート1

座学で学んだ後は実践で試す

スライドを読み終えたら、実際に試すことができる画面になります。

わざわざテキストエディタ開いてとかする必要がないので便利ですね。

画面は3分割になっており、左が実践内容が書かれており、真ん中はエディタ画面です。

エディタで変更した内容が右画面で確認できるようになっております。

指示に従って実際に書いて見て、変更した内容を反映したい場合は右画面の右下にある「Run」ボタンをクリックするとプレビュー画面に表示されるようになります。

Progate3

問題がなければ、エディタ画面の下にある「確認して次へ」をクリックすると答え合わせをしてくれます。
間違ってしまった場合は「リセット」、わからない場合は「ヒント」をクリックするとヒントが表示されます。

答え合わせで正解すると、レベルが上がりました!
経験値をためてレベルをあげるというゲーム要素も備えていて楽しく勉強が出来そうです。

Progate4

さいごに

今回は触りだけを紹介しましたが、進めていくと基礎をしっかりと勉強する事ができるようになります。

プログラミングは怖いものではないです。ちょっとでも興味がある人はやってみてはいかがでしょうか?

このサイト以外にも他にいっぱい同じようなサイトがあるので探して自分に合うサイトを見つけて下さい!

iPhoneケーブルも保証の対象って知ってました?

iPhoneは買ったものの、画面を割ってしまったり水没させてしまったりと数あるトラブルにあった人は多いのではないでしょうか。
その中で、意外と知られていないのが充電器やケーブルの保証についてです。
使っていてケーブルが断線してしまったりして、新たに買い直したりしたことはありませんか?
Appleでは、故意ではないケーブル断線の場合無償で交換してもらえます!
保証期間内であれば大丈夫ですので一度確認してみましょう!

サポート期間内かどうかのチェック方法

まずは、お持ちのiPhoneがサポート期間内かチェックを行います。
チェックを行うにはiPhoneに設定されているシリアル番号が必要となりますので下記の手順でシリアル番号を表示してください。

[設定] → [一般] → [情報] → [シリアル番号]

001
下記のページにアクセスしiPhoneのシリアル番号を入力します。

保証状況とサービス期間を確認する

アップル   サポート   サービスとサポート期間を確認する

正しく入力ができると下記の画面になります。
3番目の修理サービス保証が「有効」になっていれば保証が受けることが可能です。

アップル   サポート   サービスとサポート期間を確認する2

交換方法は2通り

まず1つ目は、お近くのApple Storeに直接断線してしまったケーブルを持ち込んで交換依頼をする方法です。
その際に、先ほどのiPhoneのシリアル番号が必要となりますので忘れずにiPhoneも持って行ってください。

2つ目は、配送により交換する方法です。
クレジットカードが必要となりますが、わざわざApple Storeまで行かなくても自宅で交換ができます。
クレジットカードが必要な理由は、交換したケーブルが純正品なのか?Appleの基準に沿った破損なのか?(故意的に壊されていないか)などのチェックを受けてNGだった場合に交換したケーブルの正規料金を引き落とすためです。
問題がなければ、引き落としはされませんのでご安心ください。

修理の申込方法は、電話もしくは上記ページから可能です。
先ほどの「修理サービス保証」の右側にある「修理のお申し込み」をクリックします。

Apple   サポート   トピックの選択

右下の「サービスリクエストとトラブルシューティング」をクリックするとメニューが開きますので「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」をクリックしてください。

Apple   サポート   トピックの選択2メールアドレスを入力する画面になりますので、受信できるメールアドレスを入力して入力ボックスの右側にある矢印ボタンをクリックしてください。

Apple   サポート   トピックの選択3

最後はどの方法で修理を行うかを選択して指示に従って入力をしていってください。
配送修理の場合は左上の「配送修理」をクリック、Apple Storeに直接行って交換する場合は右下の「持ち込み修理」をクリックしてください。

Apple   サポート   解決策

さいごに

充電ケーブル以外にも付属品で入っている、充電コンセント、イヤフォンも対象となります。
通常通りに使っていて断線してしまったり壊れてしまった場合に限り無償で交換してもらえるので、今お困りの人は是非活用してください!

純正の充電ケーブルは2,200円もするんですよ…

 

 

 

 

jQueryのajaxの書き方

こんにちは、田端です。

久しぶりのブログですが、私からは技術的な内容を紹介したいと思います。
今回は、jQueryのajaxの書き方についてです。

初歩の初歩ですが、まだまだ古い書き方をしている人もいるのではないでしょうか?
古い書き方と新しい書き方の違いはなんなのか?
今日はそんな紹介です。

本日時点のjQueryのバージョンは2.1.4になります。

では、どうして古い書き方を覚えてしまっているのか?
それは、検索して表示されるサイトに問題があります。
問題と言うととても失礼な言い方ですが、そのサイトは色々な情報が記載されているのですが2010年から更新されないままになっているので情報が古くなっている状態です。

みなさんも一度ご覧になった事はあるのではないでしょうか?
私も基本的な事はこのサイトで調べ対処しております。

jQuery日本語リファレンス

古い書き方

$.ajax({
    type: 'POST',
    url: 'example.php',
    data: {
        example: 'test'
    },
    error: function () {
        // エラー処理
    },
    success: function (result) {
        // 成功処理
    }
});

新しい書き方

$.ajax({
    type: 'POST',
    url: 'example.php',
    data: {
        example: 'test'
    }
}).fail(function () {
    // エラー処理
}).done(function () {
    // 成功処理
});

新しい書き方はバージョン1.5から使用可能となっております。
古い書き方と新しい書き方の違いは、「error」が「fail」に「success」が「done」に変更となり更には、オプション扱いからメソッド形式になりました。
しかも、「success」や「error」はバージョン1.8で非推奨となりましたので今後使用できなくなる可能性があります。
現在の2.1.4ではまだ動作しております。

公式のリファレンスは英語が多く、日本語訳は有志によって行われているのが多いと思います。
開発する上では、なるべく公式のリファレンスを見ながら開発していきたいですね!

iPhone5 「Lightning – 30ピン」変換アダプタの悪夢

みなさんこんにちは!

iPhone持ちのエクスト社員は全員iPhone5に代わりました、iPhone特攻隊の田端ですdespair.gif

iPhone5にしてから今まで使っていた充電器が使えなくなって困っていましたが、Appleが変換アダプタを2種類出してくれました!
お値段めちゃ高いんですけど…
そんな事言っててもしょうがないので、今回は「Lightning – 30ピンアダプタ(0.2 m)」 を購入してきました。
※右の画像の製品です。

買ってきて早速使ってみようと思って差し込んだら入らない…
いや、普通なら使えるんですけど僕が使っているケースだと入らないangry.gif

バンパー系のケースではコネクタ部分も純正サイズ通りに作られているので付属しているUSBケーブルだとちゃんと入ります!

でも、変換アダプタのやつだと入らずこうなりますshock.gif

ムキーangry.gifとなりつつ諦めますdespair.gif
どのくらい違うのかを比較してみました!

上がUSBケーブルで下が変換アダプタです。
画像見て頂けれわかりますが変換アダプタのほうが一回りでかいpig.gif
まず、左の画像を見ていただければ既に大きさが違う…しかもケーブルの太さも違いますね!
右の画像は明らかに大きさ違いますね。これさえわかってれば買わなかったのに(笑)

今回は、ケースを取るか変換アダプタを取るか悩みましたが今のケースがお気に入りなので変換アダプタを諦めました!
一般的なケースでは問題ないと思いますが、アルミや耐衝撃を売りにしているケースを持っている人や購入を考えている人は気を付けたほうがいいでしょう!
あとちょっとしたら他のメーカーから出てくると思うのでそれまで待つかweep.gif 

iPhone5の予約

お久しぶりです、田端です。

1年前にもiPhone4Sに買い替えたのですが、今回もiPhone5に買い替えるため予約してきました!

今回は、社長と一緒に15時からクリスタ長堀店に並んできました。

並ぶ用のコーンが立っていて誰もいないので一番乗りかdiamond.gifと思ってたら店内に5人既に並んでいました…

16時受付開始の時刻になったら50人くらいになっていましたwobbly.gif
iPhone4SにくらべてiPhone5はみんな注目してたっていう感じですね。

発売まであと2日!!楽しみにしとこー。

  

GoogleDriveを使ってみた

前回の記事:Googl Driveが本日より公開

前回は、登録申請までで終わっていましたが翌日の朝に準備完了のメールが来て早速インストールして使ってみました。

準備完了すると下記の様なメールが来ますので「Googleドライブを使用する」をクリックするとGoogleDriveのWebページが表示されます。

ファイルのダウンロード

「Windows用のGoogleドライブをインストール」をクリックします。

なんか英語で出てきますが「Accept and Install」をクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。
「Optional」にチェックを入れると、自動的に使用状況やクラッシュしたレポートをGoogleに送信しますので必要なければチェックは入れなくても大丈夫です。

ファイルダウンロードが始まるとこの画面が表示されます。
ダウンロードが開始されない場合は、 「Click here」をクリックするとダウンロードが開始されます。

インストール

ダウンロードが完了したら早速インストールをしてみましょう!!
まずは「実行」をクリックします。

Googleアカウントの情報を求められます。
使用するGoogleアカウントを入力してください。

「Next」をクリックします。

「Finish」をクリックするとインストール完了です。

実際に使ってみよう

インストールが完了すれば後は使うだけです!
自分のユーザフォルダに「Google Drive」というフォルダが生成されています。
このフォルダに同期したいフォルダやファイルを入れるだけで自動的に同期をしてくれます。
Dropboxと同じ仕組みなので特に面倒な設定をしなくていいですね!

同期していると青の矢印が表示され、完了するとチェックが表示されます。

Webページでもちゃんと同期している事が確認できます。
共有アイテムには、Googleドキュメントが入っています。

GoogleDriveはDropboxに勝てるのでしょうか?
何かとGoogleのサービスを利用している人が多いと思いますが、一本化できるのは便利ですよね!
みなさんもオンラインストレージを賢く使って活用していきましょう。

Googl Driveが本日より公開

みなさんこんにちは!

夏に向けてダイエット中の田端です。

今回は、本日より正式公開された「Google Drive」を紹介したいと思います。
名前の通り、Googleが運用しております。
これってなに??となると思いますが、最近流行っているオンラインストレージです。

有名なのは「DropBox」「SugerSync」「Yahoo!ボックス」などありますがGoogleも参加となってこの業界はさらに熱を増しそうです。

Googleアカウントを持っていれば無料で5GBを使用できます。
それ以上使いたい人は容量によって毎月の料金がかかります。

容量 月額費用
25 GB $2.49
100 GB $4.49
200 GB $9.99
400 GB $19.99
1 TB $49.99
2 TB $99.99
4 TB $199.99
8 TB $399.99
16 TB $799.99

実際に申込みをしてみましたが、使用できるようになるまでには時間が掛かりそうです。
では、申込み方法を簡単に説明します。

Googleアカウントを用意して、「Google Drive」 にアクセスすると右上に「通知する」という青いボタンが出ていますのでクリックします。

そうすると、準備中ですという画面がでてさらに「通知する」ボタンをクリックして次に進むとありがとうございましたというページが表示されます。
ここまでくれば後はメールを来るのを待つのみです。

トップページに戻ると右上の部分に「 Google ドライブの準備が整い次第、メールアドレスにメールをお送りします。 」と通知が出てくるのでしばし待ちます。

では、ここから先!!といっても私もまだ準備中から発展しないので紹介できません。
また開通したら書いていこうと思いますのでお待ちください!

新しいiPad

3月16日に新iPadが発売されましたね!
今回の名称はただ単に「iPad

Appleはこのまま新しく出ても名称を変えずに「iPad」とするような発表をしているみたいです。
この流れだと、新しいiPhoneも「iPhone 5」とかではなく「iPhone」になってしまうのでしょうか!?

でもよく考えてみると、車なんて車種名は固定ですよね。
だいたい何年モデルなどで通ってしまったりするので、これはこれでありなのかなと…
となると、今度から人に「そのiPhoneは何年モデル?」って聞かないといけないのかな。

うわーめんどくせーーー!!! 

そんな事言うても次のiPhoneに期待していますけどね!!

スマートフォンのWi-Fiを早くする方法

最近寒い日がつづいておりますが、皮下脂肪でぬくぬくの田端です。

 

ある記事が気になったのでご紹介します。

 

それは、スマホのWi-Fi接続を劇的に改善する方法です!!

おーなんだこれ?と、調べてみるとDNSの設定を変更するだけでいいみたいです。

DNSを知らない人の為にちょっとだけ解説をしてみます。

 

■DNSって何?

DNSとは、別の言い方をすると「DNSサーバ」「ネームサーバ」と呼ばれるサーバの事です。

みなさんが、URLを使用してWebページを見るときにサーバのIPアドレスを検索するためのサーバです。
URLは「名前」だけですので「宛先の住所」がわかりません。
これを解決してくれるのが「DNSサーバ(ネームサーバ)」です。

この「DNSサーバ」は、何の設定もしないとプロバイダにあるDNSサーバを使用する事になります。
それを今回変更して早くしてしまおう!という内容です。

 

スマホに限らずパソコンでも設定したらいいかもしれません。
各設定画面でDNSに下記のIPアドレスを入力してください。

「129.250.35.250」
「129.250.35.251」 

どちらか入れていただければ大丈夫です。
これで、多少早くなったはずです!
たぶんですが・・・

では、なぜ早くなるのかという謎ですがそれは「DNSサーバ」が絡んでおります。
DNSサーバの仕組みは少なからず理解できたと思いますが
DNSサーバは一度問い合わせをした「URL」と「IPアドレス」を キャッシュする機能があります。
キャッシュされていれば即返答する事ができるのですがキャッシュがなければ
他のDNSサーバに「教えてー」と尋ねに行きます。
これが長ければ長いほど遅くなります。

今回紹介させていただいた「DNSサーバ」はこのキャッシュを多くもっている事やサーバのスペックが高いのが早くなる原因かと思います。

大手サイトなど誰もが見てるサイトはあまり変わりませんが、結構マニアックなサイトを見る人にはおすすめかもしれませんが自己責任で!!

 

スマホのWi-Fi接続を爆速にする魔法の数字 129.250.35.250
http://matome.naver.jp/odai/2132909780968823101