デザイン/IT勉強会・イベント・セミナー情報サイト

デザイナーの久保です。

エクストの今年の方針は「ビジョナリーカンパニーへの第一歩「自ら変化する」」です。その方針のひとつに技術的変化の促進があります。

これはこれからのエクストの商品・サービスを提供するにおいて必要なスキルの明確化と獲得を促進していくものです。スキル獲得には研修費や教材費の助成もあり、各人の支援も積極的に行われています。

そこで、私は最近、ウェブデザイナーやITエンジニアの方々が集まるイベントやセミナー、勉強会に参加しているのですが、今回はそういったイベントや勉強会の情報を集める際に使用しているサイトをご紹介いたします。

connpass – 人をつなぐIT勉強会・イベント支援サイト

http://connpass.com/
20151214_connpass

IT系イベント情報サイトでは定番のサービスです。グループに登録しておくと、そのグループで公開されたイベント情報が通知されるので、すぐに埋まってしまうようなイベントも見逃さずに参加しやすいです。
個人的にはスキルの幅が広く、勉強会の意味合いが強いイベントが多い印象です。

 

セミナー・勉強会・イベント管理ツール | Doorkeeper

https://www.doorkeeper.jp/

20151214_doorkeeper

こちらもIT系のイベント情報サイトでは定番ですが、「connpass」と比べるとエンジニア寄りな印象です。コミュニティがあり、そこに参加していると情報がメール配信されてきます。

 

dots. [ドッツ] – IT勉強会・セミナーなどエンジニアのためのイベント情報

http://eventdots.jp/

20151214_dots

先に挙げた「connpass」「Doorkeeper」も含むイベント情報サイトのAPIから情報を引っ張ってきている総合的な情報サイトです。情報がとても豊富です。

 

大阪のデザイン関係のイベントに顔を出しているので、もしどこかのイベントでお会いしましたら、お気軽にお声がけください(*´∀`*)

JINS MEME

エクストメガネ部の久保です。11月5日、メガネのJINSからJINS MEMEが発売されたということで購入しました。

JINS MEMEとは

メガネ型のウェアラブルデバイスで一見普通のメガネですが、顔の角度や傾きを検知できるセンサーがついているため運動量や姿勢などの計測ができ、スマホアプリと連動できます。

メガネのタイプは、スポーツサングラスとウエリントンの2種類。私は普段使いしたかったのでウエリントンタイプにしました。両方ともに加速度センサー、ジャイロセンサーがついているほか、ウエリントンタイプでは3点式眼電位センサーもついていて視線移動やまばたきの検知などもできるようになっています。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

JINS MEME – https://jins-meme.com/ja/

 

着用感

実際に着用してみると、ちょっと大きいのかつるがはみ出しそうです。私は髪で隠れるので良いのですが、短髪の方は試着して確認したほうが良いかもしれません。

なお実際にかけている感じは普通の眼鏡とほとんど変わりません。センサーが鼻あてのところについていてズレると計測が取れないと聞いていましたが、今のところ特に意識せず普通に使っていてもアプリと連携できています。

 

アプリ

2015年11月現在、アプリは3つリリースされています。

それぞれライフログアプリ「JINS MEME」、ランニングフォームをチェックし改善に役立てることのできる「JINS RUN」、眠気の可能性を察知し安全運転のサポートを行ってくれる「JINS DRIVE」で、いずれもiPhone版のみですが、Android版も2016年1月にリリース予定となっています。

jinsmeme_app01 jinsmeme_app02

 

上の画像はライフログアプリ「JINS MEME」です。この1週間の私の最近のマインド年齢とボディ年齢が計測されていますが……、少し精度が悪い気がしますね!ぷんぷん!

冗談はさておき、実際に集中して画面を見ている時などは「集中」が、人と話をしている最中や移動中は「活力」が上がったりしてちゃんと変化します。昼過ぎごろに「ZONE状態」に入っていたり、帰宅中は「お疲れさまでした」と労われたりとその時々に合ったメッセージが表示されて、なかなか面白いです。

ちなみにマインド年齢もボディ年齢も空白の日は充電を忘れた日です。何せJINS MEMEの連続使用時間は最大24時間なので、寝ている間に充電しないと翌日はただのメガネです。

この他にも今後、JINSではコアトレーニングアプリなど様々なスポーツ向けのアプリと連携する予定だそうです。

JINSから公開されているアプリについて詳しくはこちら

 

開発用キット

JINS-MEME-SDK

JINS MEMEの面白いところは、ただのヘルスケアデバイスに留まらない可能性を秘めていることです。

開発用のSDKが配布されているのです。これにより計測データを使ったアプリ開発が可能とのことで、既に実際に開発されている方もいらっしゃるようです。

JINSMEME – SwiftでJINS MEMEアプリ開発 by @nisshieeorg on @Qiita http://qiita.com/nisshiee/items/9ec409a35f4137e2a32e

夢が広がりますね。

 

また2015年7月にはハッカソンが行われ、JINS MEMEを使ったアプリのアイデアを募り実際にアプリ開発がされていました。

参考記事:センサー搭載メガネJINS MEMEハッカソン開催 視線の先に未来は見えたか? – 週刊アスキー http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/359/359932/

ハッカソンではスポーツのみではなく、ゲーム要素のある歩数系アプリやウェアラブル体感ゲームや、顔の傾きと連動して音楽を鳴らす楽器アプリなど様々なアイデアが出ていて面白そうです。

 

まばたきの回数で集中度を計測し、ユーザーがどういった広告に興味をもつのかマーケティングに活用したり相手への関心度で相性診断をしたりと、ビジネスからエンターテイメントまで幅広い可能性があると思うので、今後の展開に期待しています。

Hatena Design Hour #2 に参加してきました

20150920230311
こんにちわ!デザイナーの久保です。
少し前になりますが、機会を得てHatena Design Hour #2 in Kyotoに参加してきました。
http://hatenacorp.jp/designhour/2/

Hatena Design Hourのテーマは「デザインを見て、デザインを学ぶ」。webサービスの開発者やwebサービスに興味がある人向けのイベントとのことで、エクストでもSONR.(ソナー)を開発していますので、開催が発表した日に応募したところ当選したので行ってきました!(^^)!

詳細な内容は割愛させていただきますが、イベント自体は具体的に「こういう時はこんなデザインをすれば良い」といったゴールが提示されているわけではなく、実際にはてなでwebサービスの開発をされているデザイナーの方が制作している時にどういったコンセプトで何を考えてデザインをしていたのか、制作中の裏話や考え方などの講演が主でした。そのためwebサービスの開発についてイメージを持っているほうが理解しやすいかなと感じました。

特に印象的だったのは川上淳さんのテーマで「デザインを変えるときは体験として今までと同じものだとわかるような設計にする」「定期的に全体の設計を見直す」ということを話されていたことでした。時代の移り変わりや新たな機能を実装する過程でデザインが変更になることがありますが、日常的に使っているものなので、ユーザーの方が違和感を感じ使いにくいものになってはいけません。それをどう解消するのかというヒントになった気がします。

個人的にはSONR.でやってきたことを考えながら、新たな学びがあって興味深いイベントになりました!

開発合宿に行ってきました!

こんにちわ、デザイナーの久保です。7/3(金)~5(日)の3日間、エクスト開発合宿に行ってまいりました。

開発合宿とは旅館やホテルなどの宿泊施設、レンタルスペースなどに出向き、集中的にソフトウェアの開発を行うことです。エクストでは初めての試みでしたが、次年度の方針発表とSONR.の機能強化を集中的に行い、とても有意義な3日間になりました。

 

合宿所は、海の見えるビジネス合宿所「尾崎の家」を利用させていただきました!窓から海が見える最高のロケーションで、キッチンがついているため食事の用意を自分たちででき、1階テラスではバーベキューもできます。

20150806_0320150806_02

皆でパシャリ。

20150806_01

1日目

1日目は次年度の方針発表と未来会議。これからのエクストに、そしてSONR.に必要なものが何かを真剣にディスカッションしました。
パソコンは普段会社で使っているものを持ち込んでいます。

20150806_0420150806_05

海に沈む夕陽にエクストの未来を想う代表 高畑。

20150806_06

夜はSONR.の改善点の洗い出しに取り組みました。熱いディスカッションは23時まで及びました。

2日目

今回の合宿では、まずSONR.の登録フローの見直しに取り組むことにしました。2日目午前中は登録フローでわかりづらい点を洗い出し、午後から作業を開始。メンバー全員で集中して開発を行いました。

夕方からは講師の方をお招きし、アプリ開発の勉強会をしました。SONR.のアプリ開発は現在も鋭意進行中です!

20150806_07

勉強会終了後は楽しいBBQ!

20150806_08

7/5はデザイナーの百田の誕生日だったため、この日にお祝いをしました!

20150806_09

BBQ終了後も熱いディスカッションは止まらず、この日は26時まで話をしていました。

3日目

いよいよ最終日。前日取りかかっていたSONR.登録フローの機能強化を徹底して行いました。集中して開発したため、翌週には開発合宿の成果をリリースすることができました!今回の機能強化で目立った変更点は、初回ログイン時にチュートリアルを表示、ユーザー追加画面をわかりやすく整理したり、ユーザー権限で何ができるのかを表にしたりしました。
また合宿中に登録フロー以外の改善点も洗い出しを行ったので、順次強化しております。

開発合宿は、3日目の12時には荷物を片付けて尾崎の家を撤退!とても有意義な3日間になりました。

ちなみにエクストメンバーは帰りに海に寄り道しました。開発にしっかり集中し、遊ぶ時も全力のメンバーでした。
20150806_10

タスク管理のコツ

flat-calendar

こんにちわ、久保です。
 
忙しい時は目の前のやらなければならないことに追われて、納期に余裕がある業務や優先順位の低い作業をついつい後回しにしてしまいがちです。
それで「前にお願いいしたあれ、どうなっている?」と聞かれて「あっ忘れていた!」と慌てることもしばしば……。

しかしそんなことを繰り返していては社会人として信頼を失います。
さらに急いでやることで仕事の質が低下、他の元々予定していた作業が後回しになり悪循環になってしまいます。

こんな時よく耳にするのが「タスク管理」。
タスク管理のためのツールやウェブサービスは多数あり、それらを使ったタスク管理術も度々話題になっています。

しかしツールを使わなくてもタスク管理の上手な人もいます。
そこで、そもそもツールを使う前にタスク管理に必要な心がけがあるのではないかと思い、私なりにまとめてみました。
 
 

1. 何をすれば良いの?

いつ作業をするのか決めることがタスク管理の肝ではないでしょうか。
やらなければならない作業を書き出し、それにかかる時間と優先順位を決めること。
これさえできていれば順番に仕事を片付けていくだけです。

特に今すぐ取りかかれないものはスケジュールに登録してリマインダーなどで通知すると、ほとんどの抜け漏れが防げます。
 
 

2. いつやるの?

私が今までに経験したタスクの抜け漏れは「忘れる」ことが原因でした。
どんなに素晴らしいツールを使っていてもタスクを「タスク」として登録していなければ意味がありません。

そういったうっかり忘れのミスを防ぐタスク管理には、2つの重要なタイミングがあります。
 
・タスクが発生した時
・1日の作業を振り返る時間
 
入社してすぐの頃はよく「忘れないようにメモを取りなさい」と言われました。
依頼された仕事はその場でメモをする、という基本的なことを徹底することが重要です。

しかし、それでも必ず抜けや漏れは出てきます。
そういったものは1日の作業を振り返る時間を作って確認し、潰していくことでミスを防げます。
いろいろな人に話を聞いていると、タスク管理の上手な人はこの振り返りの時間をしっかり取っているようです。
 
 

3. どうやってやるの?

最後はタスク管理の方法です。
日々発生する様々なタスクをその場でメモするわけですから、なるべく面倒ではなく、後々の管理がしやすいものが良いでしょう。
アナログなメモや付箋、あるいはカレンダーアプリに登録、使い慣れたToDoリストなどなど。
自分に合った管理方法が一番良いというわけですね。
 
まだそういったツールを見つけていない方におすすめなのがSONR.(ソナー)です!
SONR.ならコミュニケーションを取りながらその場ですぐタスクをToDoに登録できるので、とてもタスク管理がしやすいです。
興味のある方はぜひ一度試してみてください!
 
http://www.sonr.jp/

クラウド型タスク管理ツール「SONR.(ソナー)」のご紹介

こんにちわ、デザイナーの久保です。

さて今日はエクストの新サービスをご紹介いたします!

sonr

SONR.はクラウド型タスク管理ツールです。2015年2月12日の正式リリース後も、「もっともシンプルで、もっとも簡単」をコンセプトに、日々開発を進めています。

 

SONR.でできること

SONR.でどんなことができるのか、基本的な使い方をご説明いたします!

新着フィードをチェック

sonr_feed

ログイン後のホーム画面が新着フィードです!
新着フィードには、自分が関係しているテーマ内の様々なディスカッションが流れてきます。このディスカッションの中で、やらなければいけないこと、やるべきことをタスクとして各担当者に割り振り、割り振られた人は作業を処理していきます。

DIMG0290 (2).gif POINT

チームのメンバーとコミュニケーションを取りながら日々発生するタスクを処理できるので、「タスクを管理しよう」と意識せずとも自然とタスクが管理できて、さらに情報の共有が可能です。

 

タスクの消し込み

今やらなければいけないことが完了したら、ディスカッションを非表示にしましょう。「確認」ボタンを押すとニュースフィードからなくなります!

sonr_check

一度「確認」したディスカッションも誰かが書き込めば再び新着フィードに上がってくるので、処理したらどんどん消していきます。

この新着フィードからディスカッションを消し込んでいく時がとにかく気持ち良いんです!一つ一つ仕事をこなしていっている、という達成感が味わえます!新着フィードから全てのディスカッションがなくなった時は爽快ですよicon_biggrin.gif

DIMG0290 (2).gif POINT

「確認」にしたディスカッションもディスカッションボードから纏めて見れるので、後から履歴を見返すこともできます。おかげで「前にやったあれってどうだったっけ?」ということもなくなりました!

 

基本的な操作はこれだけです!今やらなければいけないことは全て新着フィードに表示されているので、タスクの抜けや漏れがほとんどなくなりました。

 

その他の機能

SONR.にはこの他にも、ファイル管理やアドレス帳、最近リリースされた電話メモなど、日々の仕事に便利な機能が盛りだくさん!さらに現在カレンダー機能も開発中のため、今後はスケジューリングもしやすくなっていきます。

ご紹介したSONR.は3名までなら無料で始められるので、気になった方はぜひ登録してみてください!
http://www.sonr.jp/ 

新春お年玉プレゼント「エクスレンジャー」開催中!

今年お世話になった皆さまへ
日頃のご愛顧の感謝の気持ちを込めて、新春お年玉プレゼント「エクスレンジャー」を開催しています!

エントリーは簡単!メールフォームからお名前とメールアドレスを入力するだけ!!
応募者の中から抽選で3名様に、テレビでYouTube動画などが楽しめるスティック型デバイス「chromecast」をプレゼント!奮ってご応募ください!

2015年もエクストをよろしくお願いいたします。

→詳しくはこちら

extimes26_01
extimes26_01

新春クイズ&プレゼント「エクストダービー」開催!

今年お世話になった皆さまへ日頃ご愛顧への感謝の気持ちを込めて、
新春クイズ&プレゼント「エクストダービー」を開催しています!

EXTIMES表EXTIMES裏

参加はとても簡単!クイズに正解すると思う解答者を選ぶだけ!
見事、正解者を選ばれた方の中から抽選で50名様にうまい棒をプレゼントいたします!
うまい棒で馬~い一年を!奮ってご参加ください!
2014年もエクストをよろしくお願いいたします!

→詳しくはこちら